女性

三つの種類がある

皮膚や細胞の構造を考え開発されるシミ取りクリーム

シミ取りクリームの動向は大きく分けて3つあります。1つは浸透力と浸透技術、2つは細胞の活性化、3つは活性酸素の除去です。浸透技術には低分子化することで浸透力を上げます。そして皮膚に馴染みやすい有効成分を使用し小さな粒を皮膚に馴染みやすくする研究が進められています。シミが単に漂白されるのではいけないため細胞そのものからシミを考えなくてはいけません。細胞の活性化することは肌のアンチエイジング化粧品という分類でも言えることです。抗酸化酸素の除去を期待するのはこれからになると思います。具体的な研究が今進められている段階です。上記3つが揃えばシミ取りクリームが単なるクリームでなく目に見えて効果を発揮できるようになります。現段階ではまだ研究中と言ったほうがよいでしょう。

成分量や成分についてよく注意しましょう

シミ取りクリームの成分として有効なのがハイドロキノンです。厚生労働省により成分量は2パーセント以下となっています。しかし通販などで購入すると輸入物だとこの数値を超えているシミ取りクリームがあります。白斑という不自然に皮膚が広くなるというトラブルを引き起こしてしまいます。シミ取りクリームの効果を確実にしたいならこのようなトラブルを避けるためにも美容皮膚科で相談したほうがよいかもしれません。またハイドロキノンは肌が赤くなる副作用もあるため長期使用はできません。使用する前にパッチテストすることが良いです。また使用中は日焼けはできませんし、日焼けケアは必須です。皮がむける場合があるため保湿をしながらクリームを塗ることになります。シミ取りのためですが、このように注意点が多くあります。シミになる前に日頃からの日焼け予防は大事でしょう。