女性

皮膚のトラブルを治す

保湿力を高め、アトピーを改善する

アトピー性皮膚炎で悩む人は、未だに多いです。 アトピー性皮膚炎の人は、肌の角質層に問題があることが多く、特に肌の水分保持力が低い、肌のバリア機能が低下しているなどの特徴があります。 肌のバリア機能が低下していると、異物が肌の内部に侵入し、免疫細胞から攻撃を受けます。 それが原因で皮膚炎になったり、かゆみが発生したりするのです。 アトピー性皮膚炎の人に必要なのは、肌の表面を保護する保湿剤です。 肌の表面を保護することにより、水分を保ち、異物の侵入を防ぐことができます。 敏感な肌には化粧品の成分が刺激となり悪化することもありますので、添加物が入っていない刺激の少ない保湿剤を選ぶことが大切です。 アトピー性皮膚炎のための化粧品は、様々なメーカーで研究が進み、強い保湿力を持った肌に優しい保湿剤が次々と出てきています。

アトピーに関して注意したいこと

アトピー性皮膚炎とは、元来体質的にアレルギーが起きやすい人や、皮膚のバリア機能が弱い人によく見られる、かゆみをもつ湿疹が主な病変の皮膚病です。 アトピーの代表的な症状はかゆみや湿疹で、症状が落ち着いたり悪化したりを繰り返し、慢性で非常に治りづらいのが特徴です。アトピーの症状をおさえるポイントは、なるべく早くしっかり炎症を抑えること、そして皮膚の潤いを保つ、さらに皮膚への刺激を減らすことです。 また以下のことに気をつけ生活するようにしましょう。部屋を清潔に維持し、アトピーの方に適切な温度・湿度に保つよう心がけましょう。また暴飲暴食はやめ規則正しい生活をしましょう。そしてストレスを溜めないように注意して下さい。さらに肌に刺激を与える服はやめて、ひっかいて皮膚を傷つけることがないよう爪は常に短くしておきましょう。